貸し工場を利用する利点とは

会社が新しい商品を製造するために、工場が必要になった際、大きく分けて2つの方法で工場を用意する事が可能です。

1つ目は、工場を建設した上で自社で所有するといった方法であり、もう1つは貸し工場を利用して商品を製造するという方法だったりします。

エキサイトニュースの分かりやすい情報はこちらのサイトです。

まず1つ目の工場を建設する利点ですが、会社にとって都合の良い場所を選んで工場を建設する事が出来るという点を挙げる事が可能です。



というのも1から工場を設計し、土地を購入してそこに建てる事になるので、製造や流通等、自社にとって都合の良い工場を都合の良い場所で手に入れる事が出来ます。


ただし自社工場を持つという事は、大きなリスクも背負う事になります。

というのも建設費用が最初に莫大に掛かる上に、開発する商品が好調であれば、工場を稼働し続ける事が出来るので問題はありませんが、不調になり、生産する必要がなくなってしまった時が厄介です。
稼働しない工場を維持するお金が、かなり高額に掛かってしまいます。

一方の貸し工場の方は、場所や規模等が予め決まっている工場の中から、自社にとって都合が良いと思える工場を選びます。
なので自社で工場を建設する場合よりも、自由度は低いですが、ある程度希望を反映させる事が可能です。



そして大きいのが、自社工場を所有する事に比べてリスクが小さい事だったりします。
まず言える利点は、工場を建設するのと比べて初期費用がかなり少ない事です。


更に製造する商品が好調な時期は、勿論、工場を稼働させる事が出来ます。

ですが不調に陥って稼働する必要がなくなった場合、貸し工場だったら契約を打ち切れば良いです。
そうする事で、稼働していない工場の維持費を支払い続けるという無駄を省く事が出来るという点も、利点として大きいと言えます。